たかちよ 無調整生原酒 氷点貯蔵おりがらみ本生

本日の家飲み たかちよ 無調整生原酒 氷点貯蔵おりがらみ本生

fc2_2013-07-27_23-10-14-315.jpg  fc2_2013-07-27_23-11-04-605.jpg

 新潟は南魚沼市の髙千代酒造が醸すお酒です。
 こちらでは「髙千代」や「巻機」といった銘柄も出していますが、今回いただくひらがなの「たかちよ」は特約店のみの限定品らしいです。
 今回はスカイブルーのラベルを購入しましたが、他にもレッド・ピンク・シルバーなどなど目を引くラベルが揃っていて、一部では「たかちよレンジャー」という呼称もあるとか。

 ラベルには「豊醇無盡」とのフレーズが。
 ググってみたところ、「盡」は「尽」の旧字体らしく、これは「ほうじゅんむじん」と読むようです。
 豊かでコクのある味わいが尽きずに出てくるという感じでしょうか、まさに端麗辛口の真逆をいく酒質が期待できます。
 ちなみにスカイブルーラベルは夏限定の氷点貯蔵品で、たかちよのなかでも濃厚とのこと。
 スペックは精米歩合含めてほぼ非公開ですね…、まああえてやっているのでしょう。

fc2_2013-07-27_23-11-27-586.jpg  fc2_2013-07-27_23-10-41-217.jpg

 上立ち香はほんのり甘い米の香りがほどほどに。
 含むと、芳醇そのものといった甘旨味がまず来ますが、意外にも膨らみは限定的でバランスの良さを感じます。
 旨味は砂糖菓子を思わせる強い甘味が主役ですが、フレッシュさと酸味がしっかり脇を固めてクセのない印象。
 全体的に雑味のないまろやかさがあるのは、扁平精米の結果なのかな…。
 後味は濃い甘味が嘘のようにしっかりキレます、この表情の変化は凄い。

 濃い甘旨味と、後味のすっきり感の落差が特徴的な旨酒でした。
 そもそも私が飲むレベルのお酒だと、甘口でも後味がダレることはほどんどないのですが、このお酒はそんな中で比べてもとてもキレが良いかと思います。
 甘味の濃厚さも慶樹を思わせるようなかなり高いレベルで、個人的にとても好きな味わいです。
 すぐにでも他の色を買ってしまいそうな今日このごろでした。

 しかし、もはや新潟酒=端麗辛口という図式は地酒最前線では全く成り立たなくなってますね。
 私が飲んだ中では、山間、謙信、月不見の池、そしてこのたかちよと、どれも芳醇な旨みがありました。
 新潟酒の新しい波には期待していきたいと思います。

fc2_2013-07-27_23-11-51-012.jpg

名称:たかちよ 無調整生原酒 氷点貯蔵おりがらみ本生
製法など:無濾過生原酒 おりがらみ
精米歩合:不明
酒米:不明
アルコール度:16度
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:髙千代酒造株式会社(新潟県南魚沼市)
製造年月:2013/6(24BY)
購入価格(税込):1,470円/720ml
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2013年07月28日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:4

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |