きよつる 純米酒 あらばしり 無濾過生原酒

本日の家飲み 清鶴 純米酒 あらばしり 無濾過生原酒

20160205142621309.jpg  20160205142648959.jpg

 大阪府高槻市のお酒です。
 前回いただいた、きよつるの別スペックですね。

 こちらも、「浅野日本酒店」さんで購入しました。
 角打ちの魅力は、やはり気に入ったお酒をそのまま買って、家飲みできるということでしょう。
 実際今回清鶴を二本も買って帰ったのは、「清鶴三種呑み比べセット」をいただいて、非常に印象が良かったことが理由です。
 地元のお酒をしっかり揃え、かつしっかり推していくその姿勢は、地元の酒屋さんとして理想的だなあと思いました。

 こちらのスペックは歩合70の無濾過生原酒で、使用米は不明ですがとにかくお安いですね。
 これにも肩掛け解説文がついているのは素敵ですが、肝心のスペック情報がなく、かつ銘柄名が分かりにくいこのラベルは個人的にはイマイチ垢抜けない印象です。
 実際ネット見てると「あらばしり」みたいな言葉を銘柄名と勘違いしている人結構いるんですよね…、解説文なんてマニアしか真面目に読まないでしょうし。

20160205142735357.jpg

 上立ち香は少々熟感のあるアルコール混じりの果実香がそこそこに。
 含むと、やはりなぜか非常に熟した印象の旨味が摩擦少なめで入ってきて、若干のアルコール感を伴ってググっと喉奥に流れ込んできます。
 旨味は、うーむ生酒らしくなくがっつり熟成しつつも、老ねとは感じられない前向きな旨味がメインで、そこに甘味が魅力を添えている印象。
 後味はアルコールのピリピリを舌先に残す形でキレます。

 生酒とは思えない熟しきった旨味を極めて濃厚に、かつ純度が高くストレートに楽しめる、直球コスパ酒でした。
 個人的に「濃厚さ」と「キレ」の両立は日本酒の命題の一つだと思うのですが、この価格帯でここまでそれを成しているのは凄いと思います。
 きよつるには、ラベルを一新した上で、純米吟醸or特別純米の生とかのスペックで、首都圏に殴りこみをかけて欲しいなあ…

20160205142759570.jpg  20160205142821801.jpg

20160205142839067.jpg  20160205142858459.jpg

名称:きよつる 純米酒 あらばしり 無濾過生原酒
精米歩合:70%
使用米:不明
アルコール度:18度
日本酒度:不明
蔵元情報:清鶴酒造株式会社
購入価格(税抜):1,100円/720ml
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: きよつる 純米

2016年02月12日 大阪の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

きよつる 純米吟醸 「百五十九年目乃お酒」

本日の家飲み きよつる 純米吟醸 「百五十九年目乃お酒」

20151228131131063.jpg  20151228131143588.jpg

 大阪府高槻市のお酒です。
 家飲みは初めて、外飲みについては後述。

 先日、仙台出張の際に購入したお酒を紹介しましたが、今回は大阪出張で買ってきたお酒です。
 大阪でも、駅周りの百貨店から覗いてみたのですが、まあまあ日本酒は置いてあるものの、大阪の蔵元のお酒の品揃えが悪かったので、今回は少し足を延ばして「浅野日本酒店」さんで購入しました。
 浅野日本酒店さんはSAKETIMESにも紹介記事が載っている、いかにも今風の角打ち(というかスタンディングバーですね)併設の酒屋さんです、取扱い銘柄もかなりこだわりを感じるラインナップでした。

 私はそこで、「大阪酒縛り」でいろいろな銘柄(片野桜、秋鹿、国乃長などなど)をいただいたのですが、なかでも味わいが自分好みで、かつ東京で見ない銘柄としてこのきよつるをセレクトしました。
 そんな事情もあり、私としては珍しくお店の常温棚からの購入です、もちろん火入れ。
 珍しい形のボトルが目を引きますね、肩には解説文が掛けられています。


 上立ち香は落ち着いたお米っぽい香りがそこそこに。
 含むと、バランスの良い甘旨味がなめらかに入ってきて、若干の辛苦さでしっかりと引き締められつつ、喉奥に流れ込んできます。
 旨味は吟醸酒らしいフルーティーな甘旨味が主役、火入れ臭さは皆無で、程良い落ち着きと濃厚さ、そして透明感もある、高いレベルでまとまっている味わい。
 後味は最低限の辛さでしっかりと引き上げていきます。

 極めて直球勝負の、クセのない落ち着いた純米吟醸らしい旨酒でした。
 百五十九年目乃お酒ということで、やはり衒いのない酒質を指向したのだと想像します、そしてそれは非常に高レベルで成功していると感じました。
 こういうお酒が常温棚に並んでいる酒屋は信頼できるといえるでしょうね…。
 きよつるはもう一本購入したので、次はそちらを紹介します。

20151228131215201.jpg

20151228131025848.jpg

20151228131010656.jpg

名称:きよつる 純米吟醸 「百五十九年目乃お酒」
精米歩合:60%
使用米:山田錦
アルコール度:16度
日本酒度:+3.2
蔵元情報:清鶴酒造株式会社
購入価格(税抜):1,717円/720ml
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年02月10日 大阪の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |