坤滴 純米生原酒 特別栽培米「山田錦」

本日の家飲み 坤滴 純米生原酒 特別栽培米「山田錦」

20161127141352718.jpg  20161127141402082.jpg

 京都府京都市伏見区のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 こちらを醸すのは「東山酒造有限会社」、ネットで調べてみると同じ伏見にあるかの「黄桜」とつながりが深いみたいですね。
 (どうやら子会社っぽいのですが、公式ホームページが無いのであまり詳しくはわかりませんでした)
 この「坤滴」は、百貨店等でも、変わった形の瓶で売られているのを何度か見た気がします(参考:伏見酒造組合の製品紹介写真)。
 また、最近では日本酒漫画「いっぽん!」に登場していたのが印象に残っております。

 そんな感じで、いつか飲んでみたいと思っていたところに、ちょうど生酒のスペックが通販の在庫にあったのでセレクトしてみました。
 使い分けは良くわかりませんが、こちらは普通の瓶ですね。
 「特別栽培」とのことですが、どうやら鳥取県の「田中農場」産の山田錦を使用しているようです。


 上立ち香は若干熟感を感じるアルコール的な香りが仄かに。
 含むと、しっかりと熟した感じの存在感のある旨味がググっと入ってきて、苦味と渋みが程よく絡みつくことで複雑味を感じさせつつ、ゆっくり染みこんできます。
 味わいはまさに生熟といった趣の、ガッツリと乗り切ったお米と果実の中間のような旨味が確固として芯にあるため、苦渋がキツくなり過ぎずに味わいに奥深さを加えています。
 後味はその苦渋を少々舌先に残しつつ、しっかりとキレます。

 様々な味わいがそれぞれに主張しつつ、しっかりした旨味がそれをまとめあげる、芳醇旨熟酒でした。
 自分のボキャ貧もありますが、前回の超超久に若干似た感想となりましたね、実際同系統の「良い生熟感」を感じました(酒屋さんが同じなので、酒質も似ているのかも)
 こうなると「しぼりたて」も飲みたくなってしまうのが人情ですね…、いやあ気になるお酒が増えすぎて参ってしまいます。
 坤滴、知名度に違わない実力派のお酒だと思わせてくれました。

 ちなみに燗を付けると、素直に甘さ辛さが両方強まる感じですね。
 何気に燗冷ましの優しい口当たりと濃い旨味の両立状態が一番好きかも。
 色々な飲み方に耐えてくれる力強さのあるお酒だと思います。

(ラベルのスペック部分撮り忘れました…)

名称:坤滴 純米生原酒 特別栽培米「山田錦」
精米歩合:60%
使用米:山田錦
アルコール度:18%
日本酒度:不明
蔵元情報:東山酒造有限会社
購入価格(税抜):1,520円/720ml
購入した酒屋さん:地酒 みゆきや(通販)
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年12月23日 京都の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |