あづまみね 純米吟醸 美山錦 生原酒 無濾過中取り

本日の家飲み あづまみね 純米吟醸 美山錦 生原酒 無濾過中取り

20160925190055589.jpg  20160925190106737.jpg

 岩手県紫波郡紫波町のお酒です。
 家飲みは初めてで、外飲み経験も確かなかったような…

 このお酒の名前で検索すると、最近始まったアニメイトのyoutube企画、「かやのみ」に登場したということが出てきました。
 かやのみは、お酒好きで知られていた声優「茅野愛衣」さん(演じた役で有名なのは「あの花」の「めんま」かな)が、色々なシチュエーションでひたすら日本酒を飲み、お店や銘柄を紹介していくという若干狙いが謎(笑)の番組ですね。
 出てくるお酒もかなり本格的なのですが、そもそも訪問先のお店が「はせがわ酒店」「伊勢五本店」「ふくはら酒店」と、私もよくお邪魔する有名店が目白押しで、少なくとも企画側のスタッフに相当な日本酒マニアが居るであろうことを匂わせてくれるのが素敵。
 
 なお、番組で登場したのは「あづまみね 美山錦 純米吟醸 生」だそうです。
 今回私がいただくのも類似スペックですが、そこに「無濾過」「原酒」「中取り」あたりの属性がプラスされています、多分こちらの方が限定品でしょう。
 アルコール度は15~16ということで、原酒の割には低めというのが特徴ですね。


 上立ち香は甘さをほんのり感じる、スッキリフレッシュな果実香がそこそこに。
 含むと、意外にも軽やかな印象の甘旨味がクーっと入ってきて、時間差で強まる酸味でキリリとした感じを添えつつ、最後まで勢い良く喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、まさに柑橘系果実の甘酸味が主役ですね、特に酸味が特徴的で若干の「酸っぱみ」を感じさせつつ、お酢っぽさは無い感じで、とにかく飲み安さ・飲み飽き無さを強めている印象。
 後味はその酸味でしっかりとキレます。

 クセのない上品な甘旨味に、酸味がアクセントと複雑さを添える、今風の飲み飽きなさのあるお酒でした。
 いやあ良いですね、個性と全体のまとまりをしっかり両立させている感じ。
 いわゆる、単体で飲んでも食中酒としても仕事をしてくれる万能佳酒かと思います。
 あづまみねは是非他のスペックもいただいてみたいと思いました。

 何か二日目はレーズン的な熟感を感じますね…、酸味の存在感は相変わらずですが。
 私の体調もあるかもしれませんが、一筋縄ではいかない複雑さのあるお酒なのは確かでしょう。

20160925190125132.jpg  20160925190114655.jpg

(参考)「日本酒感想日誌」さんの「かやのみ」紹介記事
http://osakasj.blog.fc2.com/blog-entry-1214.html

名称:あづまみね 純米吟醸 美山錦 生原酒 無濾過中取り
精米歩合:50%
酒米:美山錦
アルコール度:15~16%
日本酒度:+-0
蔵元情報:株式会社澄川酒造場
購入価格(税抜):1600円/720ml
購入した酒屋さん:鈴傳(四谷)
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年10月28日 岩手の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |