雄東正宗 純米吟醸 五百万石 あらばしり 生酒

本日の家飲み 雄東正宗 純米吟醸 五百万石 あらばしり 生酒

20170214213359867.jpg 20170214213407837.jpg

 栃木県小山市のお酒です。
 外飲み経験は確かイベントであった気がします、家飲みについては後述。

 こちらを醸す杉田酒造さんのお酒としては、「鴎樹(おうじゅ)」を既に紹介しています
 蔵名で検索すると、手作り感あふれるホームページが出てきまして、「当蔵について」コーナーに各種ブランドの紹介も一応書いてありました。
 それによると、「当初は「優等正宗」でしたが関東信越国税局鑑評会で連続優秀賞を受賞し当時の税務署長より「関東の雄となれ」と。」言われ、それに応じて漢字を変えたのがネーミング由来のようです。
 それにしても、サイト自体の更新はすっかり止まっているようですし、地方蔵のご多分に漏れず情報発信は上手くない印象を受けますね。
 
 スペック的には五百万石の55磨きの新酒生酒。
 お店では「あらばしり」ではないスペックも隣に並んでいたのですが、時期的により新酒っぽい勢いのあるお酒が飲みたい気分だったので、こちらをセレクトしました。

20170214213415452.jpg 20170214213422171.jpg

 上立ち香はセメダインとガス混じりの、フレッシュ果実の香りがそこそこに。
 含むと、やはりフレッシュでインパクトのある旨味が勢い良く入ってきて、一拍おいて出て来るこれまた新酒らしい強めの苦味にギッチリと締め上げられながら、ドドドと喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、やはりセメダインを伴う荒々しくもみずみずしい果実の甘酸味と、オリも相まって存在感のある青い苦味がせめぎ合い、「ザ・新酒」といった感じの楽しさを感じさせてくれます。
 後味はその苦味と酸味がキッチリと引き取って、見事にキレます。

 何というか存在感が非常に強い、新酒の楽しさを直球で伝えてくれるキリっとしたお酒でした。
 上で「荒々しい」と書きましたが、いい意味も悪い意味でもあります、が、だからといってバランスが崩れている感じはありません。
 いやあこれは万能の食中酒としても使えるタイプのお酒ですね、油っぽいものでもキッチリと引き上げてくれそうです。
 鴎樹、雄東正宗と来たので、次は発光路強力をいただこうかな…、兎も角、杉田酒造さんのお酒は今後も注目したいと思います。

20170214213429812.jpg

名称:雄東正宗 純米吟醸 五百万石 あらばしり 生酒
精米歩合:55%
使用米:五百万石
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:杉田酒造株式会社
購入価格(税抜):1,343円/720ml
購入した酒屋さん:うえも商店
お気に入り度:8.3/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年03月12日 栃木の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

<< 五十嵐 純米吟醸直汲み 無濾過生原酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 信濃鶴 純米 無濾過生酒 しぼりたて >>

どうもです。
これ外飲みでいただいたんですが、自分にはちょっと荒々しすぎるというか、押しが強すぎるなあと感じました。
含んでいきなりアミノ酸の旨みが津波のように押し寄せて、最後までストレートにその太さが持続するので時系列による味の変化が単調なんですよね。
味が濃い目の肉料理とかと合わせたら面白いかな。

2017年03月13日 アイオライト URL 編集

>アイオライト様、コメントありがとうございます。

なるほど…、私は酸苦の引き締まりで満足してあまり意識しませんでしたが、メリハリという点では確かに難があるかもしれませんね。
万能というよりは、濃い系の料理との合わせかたで強引に変化を創り出して楽しむのが良いお酒なのかも。

基本的に当ブログはどんなお酒でも最後まで楽しむ「良かった探し」重視のスタイルなので、はっきりと輝く部分を感じてしまうと、他の難点はお伝えできていないところはあると思います…

2017年03月14日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する