出羽桜 純米酒 出羽の里 しぼりたて生原酒

本日の家飲み 出羽桜 純米酒 出羽の里 しぼりたて生原酒

20170221102219121.jpg  20170221102228719.jpg

 山形県天童市のお酒です。
 外飲みは相当回数ありますが、ブログでの紹介は何と初めて!

 私が(準)大手酒蔵のお酒をチョイスする時は大体理由がありますが、今回もそのパターン。
 マニアならタイトルでピンと来ているかもしれませんが、同スペックの火入れ版が直近のIWC(2016)で、「チャンピオン・サケ」に輝いており、それを受けた次第です。
 以前のIWCチャンピオン・サケは、ほぼ「大吟醸」部門で受賞したお酒から選ばれていたため、このお酒が比較的リーズナブルな「純米酒」部門から選ばれたことには、局所的にはなかなかインパクトがあったように当時のネット上の反応からは伺えましたね。(大吟醸部門でトップだった「陸奥八仙」の蔵元は受賞会場でガックリきてしまったとか…、ちょっと可哀想)
 最近IWCはコンテストで良評価を受けたお酒の中で、市販で四合瓶1,000円以下かつ10万本以上出回っているお酒に「グレートバリュー・サケ」という賞を用意しており、新酒鑑評会からの差別化を図り、より「家庭で入手できる」お酒を評価するという姿勢を強めてきたように感じます。

 スペック的には山形の酒造好適米「出羽の里」を60まで磨いた、新酒生原酒になります。
 裏ラベルの、ある種叙情的な解説文は必見。
 
20170221102236111.jpg  20170221102251289.jpg

肩掛けラベルではちょっと浮かれ過ぎではと思うぐらいにアピールしてますね(笑)
20170221130111186.jpg  20170221130121401.jpg

 上立ち香は新酒の割にはしっかりと熟した果実の香りがそこそこに。
 含むと、甘酸味と苦味が絡み合い非常に複雑味のある旨味が荒さと摩擦無しで入ってきて、最後までバランスを保ちながら勢い良く喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、干しレーズンを思わせる落ち着いた甘酸の旨味が主役で、若干木香も感じるような…、とにかく複雑さと深みがあり、それでいてクセを感じさせないまとまりのあるもの。
 後味は酸苦を口中に若干残しつつ、力強くキレます。

 「しぼりたて生原酒」という看板からはちょっと想定しにくい、独特な熟感が魅力的な個性派生酒でした。
 いやあやっぱり完成度高いですね、最近で近いお酒を探すと「井の頭」がこういう新酒離れした複雑な旨味だったような…、わりと珍しいタイプだと思います。
 想像ですが、火入れでもあまり変わらない味わいだったんじゃないかなあ、埋もれない個性が有りながら万人受けしそうなあたり、受賞も納得といった感じです。
 出羽桜、今後も注目していきたいと思います。

20170221102259375.jpg  20170221102306902.jpg

名称:出羽桜 純米酒 出羽の里 しぼりたて生原酒
精米歩合:60%
使用米:出羽の里
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:出羽桜酒造株式会社
購入価格(税抜):1,400円/720ml
購入した酒屋さん:酒逢(金町)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年03月22日 山形の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

満寿泉 純米吟醸 無濾過生原酒 おりがらみ

本日の家飲み 満寿泉(ますいずみ) 純米吟醸 無濾過生原酒 おりがらみ

20170221102139596.jpg  20170221102148377.jpg

 富山県富山市のお酒です。
 外飲みでは相当回数いただいている印象がありますが、ブログでの紹介は意外にもまだ2回目。

 こちらを醸す桝田酒造店については、蔵元ホームページの「生立ち」コーナーに来歴の紹介がありました
 その中で印象的なのが「能登四天王」に数えられる名杜氏「三盃幸一」氏に関する記述でした。
 私の生まれるずっと前から酒造りを続けているという時点で「凄い」としか思いようがないのですが、「三盃総杜氏は18歳でこの道に入って以来、 一度も正月を郷里で過ごした事がない。父も親類も杜氏というエリート杜氏の家系、父の後を受け満寿泉の杜氏になった。」みたいな記載に至っては想像を絶する世界です。
 イメージ的には伝統工芸とか伝統芸能を引き継いでいく一族に重なるものがありますね、翻って、そういう伝統と最新工業技術が交錯する日本酒業界のダイナミックさを、私としては改めて想起しました。

 閑話休題、今回いただくのは季節限定品であるおりがらみ生、一升瓶しかないので迷ったのですが、以前紹介した「月中天」と同様に購入先である酒逢さんの店長さんオススメだったので買ってしまいました。
 ラベルにあまりスペック面の記載はありませんが、製造年月と蔵出年月の両方が書いてあるのは流石満寿泉という感じですね、熟成期間に対する意識の高さがうかがえます。
 今回は両方とも1月ということで、搾ってすぐに出荷ということが一目瞭然、やっぱり素晴らしいですよこの表記。

20170221102156113.jpg

 上立ち香はフレッシュさのある、露骨にお米っぽい麹の香りが気持ち強めに。
 含むと、強めの酸味でキリリとした旨味が、しかし自然な口当たりで入ってきて、最後まで甘味と酸味のバランスを保ちつつ喉奥に流れ込んできます。
 味わいはグレープフルーツのグラニュー糖がけのごとく、酸味が中心ながら旨味もしっかり感じるキリリかつ濃厚なもの。
 後味は苦味が表に出てきて、キッチリとキレます。

 万人に勧められるタイプの、旨味の存在感とスッキリ感を両立させつつクセのない、完成度の高いフレッシュ甘酸酒でした。
 人を選ばないと思いますし、単体でも食中酒でもイケそうな、シチュエーション的な万能性も備えている印象。
 いやあ流石ですね、
 ちなみに上澄みを飲んでみると、若干酸がキツく思えたので、これはオリでまろやかを加えている感じだと思われます、この辺りの調整も見事。
 満寿泉は伝統に寄り掛からずに色々新しい試みのお酒も出しているので、今後より注目していきたいと思います。

20170221102210840.jpg  20170221102203557.jpg

名称:満寿泉 純米吟醸 無濾過生原酒 おりがらみ
精米歩合:58%
使用米:不明
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社桝田酒造店
購入価格(税抜):3,000円/1,800ml
購入した酒屋さん:酒逢(金町)
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年03月20日 富山の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

片野桜 山廃純米酒 無濾過生原酒 雄町 27BY

本日の家飲み 片野桜 山廃純米酒 無濾過生原酒 雄町 27BY

20170221102058062.jpg  20170221102105877.jpg

 大阪府交野市のお酒です。
 ブログでの紹介は4回目と、結構な回数になってきました。

 片野桜は今まで、雄町山廃生山田錦山廃生雄町速醸(かたの桜)と微妙にスペックをずらしつつ飲んできました。
 その中で一番雄町山廃生がインパクトのある味わいで印象に残っていたため、今回再セレクトした次第です。
 が、実はこのお酒、店長さん曰く27BYということで一夏越えの生熟酒でした、前回は4月出荷の新酒だったので結構味わいが違うことが予想されます。
 今回は店長さんの説明で買う前に納得できましたが、BYの違いって物凄く味わいに影響することなので、やっぱり本来はラベルに書くべきですよね。
 どの銘柄でもいえることですが、上槽日(搾った日)と出荷日(瓶詰日)を両方明記することが広がって欲しいなあと個人的には思います。

 裏ラベルには、かなり詳細なスペックの記載があります、昔は無かったので情報公開を押し進めたということなのでしょう、非常に良いことだと思います。
 日本酒度-3、酸度1.9も中々な数値ですが、やはり特筆すべきはアミノ酸度2.6でしょう、1.8とかでもかなり濃厚寄りであることを考えると、若干振り切れた数値と言えるかと。

20170221102114855.jpg  20170221102122297.jpg

 注ぐと、うおっと思うぐらいに色づいてますね、まさに黄金色。

 上立ち香はちょっと熟成香混じりの、酸もある完熟果実の香りがそこそこに。
 含むと、キツめの酸を伴った旨味がグワワッと入ってきて、最後まで存在感を保つ酸味が唾液腺を刺激しながら、舌先にもピリピリ感を与えつつ塊のまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、ちょっと熟しすぎたような果実の甘旨味を芯に感じるものの、主役は乳酸が発酵したような(完全にイメージ表現)極めて強烈な酸が最初から最後まで受け持って、超個性的な味わいの世界を演出します。
 後味もその酸が引き取り、なんとか引き上げていきます。

 超弩級の酸が強烈に存在感を主張する、超個性派完熟濃厚甘酸酒でした。
 う~む、個人的にはこの濃厚さもアリなのですが、前に飲んだのと比べると主役が甘味から酸味に取って代わられてしまっているのが残念な印象。
 それが造りの変化に因るものなのか、熟成に因るものなのか、原因が分からないのも気になるところです…
 片野桜はまたいつか同スペックを飲んで確かめてみたいと思いました。

 何となく予感がしたので燗をつけてみると…、おお、ようやく甘味が共同主演ぐらいに存在感を発揮してきました。
 これなら良いなあ、個人的にはこのスペックについては断然燗がオススメ。
 熱燗の強烈に甘酸苦が主張する感じも好きですが、裏ラベルにあるぬる燗がバランスが取れていて口当たりが優しくてベストかも。
 熱燗から燗冷ましで色々な温度を味わうのも楽しいと思いました。

20170221102129977.jpg

名称:片野桜 山廃純米酒 無濾過生原酒 雄町 27BY
精米歩合:65%
使用米:雄町
アルコール度:17%
日本酒度:-3
蔵元情報:山野酒造株式会社
購入価格(税抜):1,450円/720ml
購入した酒屋さん:酒逢(金町)
お気に入り度:8.4(燗上がりも考慮に入れて)/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年03月18日 大阪の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

日下無双 純米60 西都の雫 生酒

本日の家飲み 日下無双(ひのしたむそう) 純米60 西都の雫 生酒

20170214213641175.jpg  20170214213649308.jpg

 山口県岩国市のお酒です。
 家飲みは初めてですが、外飲みでは確か何度かいただいたことがあります。

 こちらを醸す村重酒造の地元銘柄は「金冠黒松」、正直古臭い印象を受けてしまいますね、都市部向けなら別ブランドにするのは自然でしょう。
 で、「日下無双」については、ググってみると蔵元公式の「スペシャルサイト」なるページが出てきました(内容は普通の銘柄紹介ですが…)。
 それによると銘柄名の由来は、「世界、天下にならぶものがないほど優れている」という言葉の意味と、杜氏である「日下信次」 さんの名前を掛けたネーミングとのことでした。
 名前で大きく出つつも、「その名に恥じない酒造り」を目指すという姿勢には好感が持てますね。
 また、商品紹介にちゃんと日下無双が載っていて、特約店一覧があるのも◎(現状うえも商店さんが載ってないのが玉に瑕ですが…)

 見た目的には何といっても赤色のボトルが目を引きます。
 このボトルには数年前から惹かれていたのですが、近所に特約店が無く、今回うえもさんで見つけてようやくの家飲みとなりました。
 スペック的には山口の酒造好適米である「西都の雫」を60まで削っています。
 ラベルに明確な記載は見当たりませんが、確か27BYの一夏越え生酒だったような…
 

 上立ち香はちょっと熟感のある果実の香りがそこそこに。
 含むと、やはり程よく熟した感じの旨味がなめらかな口当たりで入ってきて、その濃度と落ち着きを保ったまま、ほんのりとした酸と渋味で輪郭を保ちつつ、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、とても素直に生熟した、老ね感皆無かつしっかりと旨味の乗った完熟果実の甘旨味が主役で、とにかくまろやかな印象が強いですね。
 後味は、若干のピリピリ感がしれっと出てきてしっかりとキレます。

 とても良い具合の生熟感をストレートに楽しめる、優しい甘旨味が特長のお酒でした。
 銘柄名の勇ましさとは若干印象が異なりますが、個人的にはこういうソフトな口当たりのお酒は好みのラインです。
 一方で、熟成期間を経てもへこたれないということは骨太な面もあるということでしょう、そういう意味では男らしさも感じますね。
 日下無双、次はまた他のスペックもいただいてみたいと思いました。

 案の定燗を付けると口当たりがさらにまろやかになり、旨甘味が濃厚になりますね。
 やっぱり骨格がしっかりしているからこその燗映えかと…

20170214213656666.jpg  20170214213704435.jpg

名称:日下無双 純米60 西都の雫 生酒
精米歩合:60%
使用米:西都の雫
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:村重酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:うえも商店
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 日下無双 純米

2017年03月16日 山口の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

五十嵐 純米吟醸直汲み 無濾過生原酒

本日の家飲み 五十嵐 純米吟醸直汲み 無濾過生原酒

20170214213437060.jpg  20170214213458239.jpg

 埼玉県飯能市のお酒です。
 ブログでの紹介は三回目ですね。

 前回前々回と、一升瓶で購入していた五十嵐ですが、今回は四合瓶になります。
 五十嵐はいわばチャレンジブランドということで、最初は一升瓶だけだったのですが、恐らく売れ行きが安定したんでしょうね、最近ようやく四合瓶も出してくるようになりました。
 が、個人的にはこのやり方、非常に不合理に感じます、個人の買い手からしたら味わいが予想できない新規銘柄こそ「まず小瓶で」買いたいと思うのが自然なんじゃないでしょうか。
 直汲み無濾過生原酒みたいな冷蔵必須のお酒を一升瓶限定で売るなんて所業は、冷蔵スペースに限りのある個人客を完全に無視しているものであると個人的には前から思ってますし…
 勿論設備の問題とか、まず飲食店重視とか、色々と売り手側の事情はあると思うのですが…、日本酒業界のこの一升瓶に対する旧態依然の感覚は消費者感覚からはやはりズレていると、繰り返し主張したいと思います。
 (まあ新政や笊籬採りみたいに全て四合瓶出荷になっちゃうとそれはそれで面倒な部分もあるんですけどね。要は買い手に選択肢を与えることが重要なんじゃないかと)
 
 閑話休題、今回いただくスペックは恐らく前回いただいたものと同じものですね、使用米等は明記されて無いので変わっているかもしれませんが。
 最近ラベルの色を変えた米違いとかも出てきていてそれも気になったのですが、今回はなんとなく安定のレギュラースペックをセレクトしました。


 上立ち香は洋梨系(?)のフレッシュフルーティーな香りがそこそこに。
 含むと、高濃度かつ割りと引き締まった印象の甘旨味がググっと入ってきて、少々のガスでチリチリとしながら、酸味と苦渋も感じさせつつ、最後まで濃度を保って染み込んできます。
 味わいは、フレッシュフルーティーな甘旨味が芯にありつつ、全体としては五味がそれぞれしっかりと主張して、インパクトがありながら飲み飽きない複雑な旨味の世界を創り出していますね。
 後味は、苦味がガッチリと引き取って力強くキレます。

 いかにも無濾過生原酒直汲みといった印象の、にぎやかながらギリギリのところでしっかりまとまっている、飲み応えのあるお酒でした。
 新酒らしい荒さもあるのですが、旨味に個性があり、ガス感も含め、私のストライクゾーンであるため、飲んでて楽しいです。
 一杯目は苦味が強めかな…と思ったのですが、飲み進めると中々どうしてこれはこれでクセになるものがありますね。
 やっぱり私はこの「五十嵐味」好きだなあ…
 五十嵐、今後は色々なスペックを試していきたいと思いました。

20170214213524353.jpg

名称:五十嵐 純米吟醸直汲み 無濾過生原酒
精米歩合:55%
使用米:不明
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:五十嵐酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:うえも商店
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年03月14日 埼玉の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |

» 次のページ